昨今、日本でのIT人材不足を解消するために、オフショアの利用を検討する会社が増えていることはご存じでしょうか。

オフショアのラボ型開発を活用することで、海外に自社専用の開発チームを作ることができます。人材不足を解消できるだけでなく、日本国内よりもコストを削減できるなど、さまざまなメリットが見込めます。

一方、オフショア開発は海外のエンジニアとやりとりを行う為、コミュニケーション面や、日本国内での発注と同等の品質を維持できるのか不安に感じている人も多いことでしょう。

本記事では

「オフショアのラボ型開発で失敗しないための注意点を知りたい」
「ラボ型開発のメリット・デメリットを知りたい」
「ラボ型開発に向いている案件を知りたい」

このように考えている方にオフショアを活用したラボ型開発のメリットや成功させる為に注意すべきポイントを解説していきます。

現在オフショア開発を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

オフショアを活用したラボ型開発とは

オフショア開発の様子

オフショアを活用したラボ型開発とは、海外のエンジニアリソースを活用し、半年~1年など一定期間同じメンバーを確保することで、自社専属チームを構成し、開発を進めていくことです。

ラボ型開発は「契約期間中、決められた人員を確保し稼働させる契約」として理解しておくといいでしょう。 請負のように、仕様が決まったものを納品しなければならない責任を追う契約ではありません。

オフショアのラボ型開発のメリット

オフショアのラボ型開発のメリットは、以下が挙げられます。

  • 国内のラボ型開発よりコストを抑えられる
  • 人材不足を解消できる
  • コミュニケーションが取りやすい
  • 仕様変更や機能追加にも柔軟に対応できる
  • ノウハウが蓄積されるので、後の案件に活かせる

「コストの削減」「人材不足の解消」というオフショア自体のメリットに加えて、「開発側とコミュニケーションを取りやすい」「仕様変更への対応が容易」といったラボ型開発のメリット、両方を享受することが可能です。

オフショアのラボ型開発のデメリット

一方で、オフショアのラボ型開発のデメリットも存在します。主には以下が挙げられます。

  • 軌道に乗るまでに時間がかかる
  • 日本側の担当者のコミュニケーションコストが大きい
  • 安定した発注量がないと、費用対効果が悪くなる

日本の案件に慣れているとはいえ要領をつかむまでは時間がかかる点や、オフショア開発先とやりとりする担当者への負担が大きくなる点があります。また、国内のラボ型開発でも言えることですが、長期間安定した発注量がないと、却ってコスト面が大きくなることにも注意が必要です。

ラボ型に向いている案件

案件によって、ラボ型・請負どちらの契約形態が向いているかは異なります。

  特徴 向いている案件 向いている開発方式
ラボ型 ・所定の人員を確保し稼働させる
・成果物の納品は求められない
・作業内容の幅が広い
・仕様変更など柔軟に依頼できる
・要件や仕様は開発を進めながら決定したい
・新しいビジネスモデル
・継続性のある案件
(柔軟な対応を求めるもの)
・ウォーターフォール型
・アジャイル型
請負 ・契約で決められた要件、仕様に沿って開発を行う
・成果物を納品する
・作業内容は決められていることが多い
・要件や仕様が決まっている
・開発期間が短い
・単発の案件
・ウォーターフォール型

それぞれの特徴を理解し、発注する案件にあった方を選ぶといいでしょう。

オフショアでラボ型開発を発注、案件を進める時の注意点

PCにてポイントを説明している写真

ここからはオフショアでラボ型開発の発注、案件を進める時の注意点を紹介していきます。

発注前に日本語能力や開発実績を確認する

担当者(ブリッジSE)によっては日本語能力が低いことがあります。可能であれば現地の企業に直接訪問し面談、難しいようであればオンライン会議を実施し、現地メンバーとじっくり対話する時間を作り、日本力を確認するといいでしょう。

また、発注する案件と近い実績があるかを確かめることも重要です。もし実績がない場合、仕様のキャッチアップに時間がかかり、コミュニケーションコストが増えることがあります。

発注の前には、なるべくオフショア開発会社の社員と話す機会を設け、問題なく業務を遂行できるかを判断するようにしてください。

タスク管理の徹底

実際に開発が始まったら、徹底したタスク管理を行うようにしましょう。オフショア開発先のブリッジSEには、メンバーがその日何を作業し何を完了しなければならないかを、確認するようにしてください。

オフショア開発先の企業では開発の下流工程を行うことが多く、全体の流れをみて人や時間を采配する上流工程の作業は苦手としていることがあります。タスク管理を任せたままにしていると時に非効率的な方法を選び、時間が余計にかかることがあるので注意が必要です。

指示内容は明確に伝える

日本では言うまでもなく当たり前なことでも、海外ではそうでないことがあります。開発が軌道に乗るまでは、指示内容はなるべく明確に伝えるようにしましょう。

最初のうちは、オフショア開発先の企業が指示した内容に対してどこまでの成果を挙げられるかを見極める必要があります。後々作業をしていないことが判明し、全体の進捗に影響が出てしまった…といったことがないよう、指示内容はわかりやすく伝えるようにしてください。

進捗を逐一確認する

オフショアのラボ型開発では、計画通り進んでいるかを自分の目で逐一確認することも重要です。

例えば、ブリッジSEから「予定通り進んでいる」と報告を受けたとしても、こちらの思惑通りには進んでいないケースもあります。品質を落とすことなく、指定する方法で実装が行われているか、より細かい部分まで自分の目でチェックするようにしてください。

まとめ

オフショア開発の契約形態は、基本的に請負とラボ型の2種類です。

オフショアのラボ型開発は、IT人材不足を解消できコストを削減でき仕様変更にも柔軟に対応可能、長期化するとノウハウが蓄積されより効率的に開発が進められます。一方で、日本側のコミュニケーションコストがかかる、安定した発注量がないとコストメリットが出ないという面もあります。

ラボ型と請負、それぞれの特徴を理解し、発注する案件にあった契約形態を選びましょう。

ベトナムオフショア開発ならスマラボ

ここまでお読み頂きありがとうございます。
弊社は顧客満足度にこだわるIDSが提供するベトナムオフショア開発サービススマラボです^^

弊社スマラボのオフショア開発サービスは
25年以上日本で培ったシステム開発の経験を基に、
プロセス構築~AWSやデザインまでトータルサービスを提供しております。

・まずはオフショア開発について話を聞いてみたい
・実績のあるオフショア開発企業を選びたい
・日本と変わらない安心・納得のオフショア開発を活用したい

など、少しでも当てはまる方はぜひお気軽にお問合せ下さいませ♪

人気記事>>オフショア開発で、今ベトナムを選ぶべき7つの理由

関連記事>>オフショア開発とは?自社に合うオフショア開発会社の選び方も紹介♪

\ベトナムオフショア開発なら【スマラボ】へお気軽にご相談ください/