オフショア開発成功のポイントは、
遠隔地間の緊密かつ親密なコミュニケーション

プロジェクトマネージャー(日本人またはベトナム人)をお客様先に派遣し、
深い業務理解と密接なコミュニケーションをベースに高品質な開発を実現します。
プロジェクトが軌道に乗ったタイミングでオンサイト常駐を終了し、
直接オフショアをコントロールすることでより費用対効果の高い開発を行うことも可能です。
これらは全てお客様のご要望に基づき、プロジェクト計画段階で策定し最適な人材をアサインいたします。

コミュニケーションレベルの高い開発体制

プロジェクト体制について

オンサイト(お客様先)常駐によるきめ細やかなコミュニケーション

オフショア開発を行う上で最大のポイントは意思疎通を如何に綿密に行えるかどうかです。
通常のオフショア開発では異国間のコミュニケーションをWebミーティングで実施する為、相互理解が取りにくく、結果として認識齟齬による品質低下が起こりやすくなります。
その課題を解決するために当社のオフショア開発サービスでは、日本のお客様先にベトナム人BSE(または日本人PM)を常駐してお客様業務を理解し、きめ細やかなコミュニケーションを行う事で、開発プロジェクトを成功に導きます。
常駐するベトナム人BSEは日本語が堪能であることは勿論、日本での就業経験があり、日本に対する文化的理解が高い人材をアサインいたします。
また、業務理解とコミュニケーションが確立したタイミングで常駐からオフショアに切り替えることで、より費用対効果の高い開発体制に移行することも可能です。

お客様先常駐によるきめ細やかなコミュニケーション

プロジェクト計画・管理について

日本におけるオフショア開発のスペシャリストによる的確なプロジェクトマネージメント

スマラボでは、予実管理・インシデント管理・リスク管理・品質管理を徹底いたします。
綿密なプロジェクト計画に従い各フェーズの作業をおこない、 各フェーズでは完了条件に従い次フェーズへ進みます。

プロジェクト計画

  • プロジェクト工数の算出
  • 人員計画の策定
  • プロジェクトリスクの明確化
  • インシデント発生時の計画策定
  • サブプロジェクトの策定
  • コミュニケーションルールの策定

プロジェクト管理

  • デイリーでの進捗予実管理
  • 課題・変更管理
  • タスク管理
  • フェーズ完了判断
  • 遅延予測、リカバリ
  • 空き稼働予測
  • 緊急インシデント発生時の増員

レポーティング

  • 進捗報告(デイリー)
  • 定期ミーティング(ウィークリー)
  • 稼働実績の報告(マンスリー)

日本語対応について

言語能力+実務経験値=オフショア開発で必要なコミュニケーション力

日本語による円滑なコミュニケーションはオフショア開発において最も重要ですが、語学力が高いだけでは不十分です。
弊社のブリッジSEは認定された日本語能力に加え、多くのオフショア開発実務経験と貢献意欲を兼ね備えており、実効性のあるコミュニケーションを行う事が可能です。

社員の40%はJLPT資格を取得しており(BSEは100%取得)、高い日本語能力を有しています。

是非、その実力をWebミーティングで確かめてみてください。

JLPT資格とは?

外国人の日本語資格試験としてJLPT(http://www.jlpt.jp)があります。現在世界中の国の日本語学習者が受験しており、N1-N5というランクで日本語能力が評価される仕組みとなっています。

N1N2N3N4
ブリッジSE31
その他141

2020年7月現在。在籍者約38名

N1幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。
N2日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。
N3日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる。
N4基本的な日本語を理解することができる。
N5基本的な日本語をある程度理解することができる。