オフショア開発とは|活用目的と日本において注目される理由

オフショア開発とは?

「オフショア開発」とは、情報システムやソフトウェアの開発業務を海外の事業者や子会社に委託・発注することで、
海外における人件費の安さに基づく開発コストの削減、
あるいは、日本で確保しにくくなったエンジニアリソースの調達を容易にする
ための手法です。

岸を意味する「shore」と離れるの「off」が組み合わさった言葉で、
ビジネス用語としては「オフショア」は「海外」という意味を持ちます。
つまりオフショア開発(offshore Development)とは、海外企業に開発業務を委託することを指しています。

オフショア開発は、日本企業においては1990年代ごろから取り組み始めたと言われており、
「コスト削減」の手段の1つとして活用されてきました。
しかし、近年では国内のIT需要が高まる中、リソース確保がより一層難しくなっていることから
自社戦略実現のための「IT人材のリソース調達」や「高い技術力」を求めてオフショア開発を活用する企業が増えています。

オフショア開発の活用目的

オフショア開発とは?

オフショア開発の目的は、大きく分けて2つあります。1つは「コスト削減」、もう1つは「リソース確保」です。 以前はコスト削減を目的にオフショア開発を検討する企業が多かったですが自社戦略実現のための「IT人材のリソース調達」や「高い技術力」を求めてオフショア開発を活用する企業が増えています。

開発コストを抑えることができる

日本国内のエンジニアの年収は年々上昇しており、そこにエンジニア不足が重なることで、企業の採用投資額も高騰しています。そこで注目されているのがオフショア開発です。賃金が安い海外のエンジニアを活用することで人件費を抑えて、開発コストを削減することができます。 例えば、ベトナムの人件費は日本の1/2~1/3程度と言われています。 日本人エンジニアと変わらないスキルを持つ優秀なエンジニアをより安い金額で確保することができます。

人月単価が日本の約1/3程度

日本国内の慢性的なIT人材不足の解決手段

日本国内は慢性的なIT人材不足となっています。情報化とグローバル化が急速に進展する現代では、それに伴ったソフトウェア開発などに多くの優秀な人材を必要としており、日本国内だけではその需要増に供給が追いつかない状況となっています。
日本のIT人材不足は深刻でIT開発リソースの確保が急務の課題となっており、その解決策としてオフショア開発を導入する企業が増えています。

  • IT人材の有効求人倍率は8~10倍
  • 転職応募者のユーザー企業・大企業志向が顕著
  • 転職市場におけるIT人材の絶対的な量・質が不足
  • 働き方改革の影響もあり、人材の流動性が高く、低い定着率、高い離職率の要因に
経済産業省によるIT人材不足の将来推計 (2015年予測)

経済産業省によるIT人材不足の将来推計

日本においてオフショア活用が注目される理由

コロナ禍で一気に進んだ日本企業のDX推進によるエンジニア不足と開発コストの高騰により、より一層オフショア開発への注目が高まる中で、実際に活用を開始する企業がどんどん増えています。その背景には オフショア開発国における技術力の向上や、オフショア開発成熟化、各企業の差別化などが進んだことがあげられます。

DX推進とリモートの一般化によりオフショア開発ニーズが増加

コロナ禍をきっかけに、業務のデジタル化やDXに取り組む企業が増えました。もともと慢性的にエンジニア不足だったのに加え、各社がIT投資を積極的に行った結果、自社でエンジニアを高い給与で囲い込むことも増え、派遣で人材を募集してもなかなか自社の要件に合う人材提案が無いという事態もよく聞きます。その結果、ITリソースが豊富なオフショア開発のニーズが高まり、オフショア開発を導入する企業が増えています。さらにリソース不足の解決だけでなく、中長期戦略を踏まえ、内製化を実現するためにオフショア開発を選択する企業も増えています。

また、ZoomなどのWeb会議がコロナ禍で一般化したことで、これまでは現地に行かないと出来ないと考えられていたオフショア開発チームとのチームビルディングも、Web画面上で実施することに対して漠然とした不安を感じなくなり、オフショア開発に対するハードルが下がったとも言えます。

≪コロナ後にオフショア開発活用でみられた変化≫

「コスト削減」→「リソース確保」
「請負開発」→「ラボ型開発」
「お客様向け」→「自社サービス」

「プライベートクラウド」→「AWS,GCP」

オフショア開発が成熟化したタイミング

日本企業においては1990年代ごろからオフショア開発に取り組み始めたと言われており、中国、インド、ベトナム、フィリピン、タイなどと中心にオフショア開発企業が増えて行きました。オフショア開発に取り組む企業は、成功・失敗を繰り返し、失敗しない為にどうするべきか、何十年に渡り試行錯誤されてきました。ただ単に一人前のプログラマーを育てるだけでなく、会社としての成熟度、マネージメントの成熟度、少し前の基礎技術の理解、大学などでの教育体制の確保、社会的責任に対する国民の理解、様々な条件が時間を経て成熟し、今に至ります。日本の商習慣やビジネスを理解しているエンジニアや依頼したい案件に近しい開発実績のあるオフショア開発企業を今であれば簡単に見つけることができ、オフショア開発を活用しプロジェクトを成功を実現できる成熟化したタイミングと言えます。

オフショア先国のエンジニアの技術力向上

発展途上国ではより高い給与がもらえるIT職はとても人気があります。近年では国策としてIT人材の教育・輩出に力をいれている国もあり、大学でITスキルを身に着けた若くて優秀なエンジニアが毎年多く輩出されています。 また大学卒業後も自身のスキルアップ(給与アップ)のために日々勉強を積み重ね、新しいことにチャレンジする向上心の高い人材も多いです。 オフショア開発の案件はWEBサービス、アプリ開発、業務システムといったものが中心ですが、 日本ではなかなか見つからないAIやIoT,VRなど新しい技術を身に着けたエンジニアを見つけることもできます。 案件ベースで柔軟に必要リソースを供給できる体制が組むことができ、オフショア開発における技術力の懸念が払拭されたと言えます。

オフショア運営会社の差別化が進んでいる

オフショア開発の手法が成熟化し、エンジニアの技術力もあがったことから、日本企業にとってオフショア開発を選択するハードルが下がったと同時にオフショア開発サービスを提供する企業も増えています。特にIT人材が豊富で優遇税制のあるベトナムでは、日本企業が多く進出しており、受託企業間での競争が激しくなり、「差別化」が大きく進んでいます。差別化のポイントとしては、【技術領域の特化】【品質の高さ】【単価が安い】など様々ですがオフショア開発企業を選ぶ側としては各オフショア開発企業の特徴が分かり、比較検討しやすくなったことから自社が求める条件に合うオフショア開発企業が選びやすくなり、納得感も感じられるようになりました。オフショア開発の活用が進む理由のひとつと言えるでしょう。

オフショア開発企業を選定する際に重要視したポイント (アンケート結果)

オフショア開発企業を選定する際に重要視したポイント
出典:『オフショア開発白書(2022年版)』(オフショア開発. com)

オフショア開発のメリットデメリット

オフショア開発のメリットとして、コストを抑えつつ、日本では確保しにくい優秀なIT人材を確保できることが挙げられますが
一方、文化や言語の違いから認識齟齬が起こり、品質面でのトラブルが起こってしまうなどの可能性もあります。
オフショア開発を成功させる為にはデメリットをきちんと理解し、自社に合うオフショア開発企業を見つけることが重要です。

メリット

  • コスト削減ができる
  • IT人材を必要なタイミングで確保できる
  • 案件に合う技術力の高い人材を確保できる
  • 自社専用の開発チーム が作れる

デメリット

  • 文化やビジネス習慣の違いなどを理解する必要がある
  • 時差の影響で連携が取りにくい国もある
  • コミュニケーションコストが高くなる

≪事前に知っておきたいオフショア開発企業の選び方≫

貴社専属の開発チームをベトナムオフショア開発で実現!

オフショア開発は
ベトナムオフショア開発サービス「スマラボ」へ
おまかせください!

システムインテグレーターとして25年走り続けた開発実績を基に、
日本企業に納得頂けるオフショア開発サービスを提供します!

スマラボは日本企業向けに特化したオフショア開発サービスを提供しています。
日本のシステムインテグレーターだからこそ、プロジェクト管理や品質管理を得意にしており、
また、自社子会社だからこそのチームビルディングが可能です。
初めてのオフショア開発でご不安な方は3か月のトライアルから開始することも可能です!
エンジニア不足でお困りであれば、ぜひベトナムオフショア開発サービススマラボへご相談ください。

ベトナムオフショア開発【スマラボ】の強み

当社のスマラボサービスは、オフショア開発に不安を感じる日本企業にとって、最適なサービスをご提供いたします。

オフショア開発についてよくある質問

ブリッジSEとは?

ブリッジSE(Bridge SE)とは、「オフショア開発」において、日本企業と現地スタッフとのコミュニケーションの懸け橋を担うシステムエンジニアのことです。
「オフショア開発」の特徴は人件費が安い国へ開発業務を委託し、開発コストの削減ができる所ですが、一方海外へ委託する為、言葉の壁や文化の壁が発生します。
そこで言葉の壁や文化の壁を越えて委託元と現地スタッフの架け橋をしてくれるのがブリッジSEです。ブリッジSEは日本語や日本の文化や商習慣をある程度理解してます。
ブリッジSEがいることで委託元の依頼内容や仕様を理解し、現地の開発チームへ正確に伝えプロジェクトを円滑に進めることができます。その他の業務としてスケジュールやタスク管理など様々な仕事を担います。
>>参考ページ https://sma-labo.jp/notice/offshorekaihatsu/offshore-brse/

ニアショア開発とオフショア開発の違いは?

ニアショア開発とは、地方都市にある企業に開発業務を委託することをいいますので、日本人同士でやり取りを行います。オフショア開発と違って「言語の壁」がなくコミュニケーションや進捗管理がスムーズです。
また政治的(為替など)の影響を受けないこともニアショア開発のメリットと言えます。
一方、地方の人件費は首都圏よりは低い傾向にあるものの、オフショア開発と比較するとコスト削減効果は低くコスト面ではオフショア開発の方がメリットが大きいです。
また、日本国内のIT人材は慢性的に不足している為、ニアショアを活用しても、案件に合うスキルを持った人材の確保が難しい場合があります。
中長期的な人材確保や内製化は海外リソースを活用したオフショア開発の方が人材の確保は容易でしょう。

オフショア開発にはどのような案件が向いていますか?

基本的に外注できる案件であれば、どの案件でも問題ありません。システムやアプリ開発、Webサイト制作からデザインまで、幅広く対応することができます。
特に受発注入力、伝票処理、在庫管理、販売管理などの業務用システム開発は、オフショア開発の発注数の約半分を占めると言われており、オフショア開発に向いています。その為、発注したい案件と近い実績を持つ企業も、比較的見つけやすいでしょう。
受発注入力、伝票処理、在庫管理、SaaS型のシステムなどもオフショア開発に向いているといえます。
一方で、デザイン性が求められるWebサイトや日本人向けのUIデザインの対応はハードルが高いと考えられます。企画・設計などの上流工程は日本側で担当、テストやコーディングなどの下流工程は海外(オフショア)側で担当するなど、工夫が必要です。

\ベトナムオフショア開発相談会開催中/

オフショア開発が初めての方が気軽に相談できる、「ベトナムオフショア開発相談会」を開催しております
日程が合わない場合も、個別にご案内できますのでぜひお気軽にお問合せくださいませ