こんにちは!ベトナムオフショア開発サービス”スマラボ”です。

ベトナム企業でお勤めの方、ベトナム企業とお付き合いのある方、ベトナム人のご家族・ご友人がいらっしゃる方は、そろそろ「2023年のテトはいつだろうか」と気になり始める時期ではないでしょうか!

本記事では2023年のテト休暇について最新情報を随時更新してお伝え致します。(本記事の最終更新日2022/10/11)
それでは早速見て行きましょう!

人気記事:オフショア開発とは?メリットや最新動向をわかりやすく解説

2023年のテトはいつ?

テトとは、ベトナムにおける旧正月の日です。
2023年の旧暦1月1日は2023年1月22日(日)となりますので

2023年のテトは 2023年1月22日(日)です!

続いてテト休暇についてお伝えします。

2023年のテト休暇はいつからいつまで?(2022年10月11日時点最新情報)

ベトナムでは労働法でテト休暇が5連休と定められており、毎年、労働傷病兵社会省が検討し政府へ提出して決定されます。

実はこちらの記事を作成している2022年10月11日時点ではテト休暇について最終決定はしておりません。あくまで現段階での情報ですが2023年のテト休暇については 、2023年1月20日(金)~1月26日(木)までの7連休 案が政府に提出される見込みです。(最新情報が分かり次第更新致します!)

≪2023年テト休暇スケジュール予測(2022年10月5日現在)≫
・1月20日(金)振り替え
・1月21日(土)大晦日
・1月22日(日)お正月
・1月23日(月)テト休暇
・1月24日(火)テト休暇
・1月25日(水)テト休暇
・1月26日(木)振り替え

※こちらの7連休案はあくまでも最終決定ではありませんのでご注意くださいませ。分かり次第更新致します!※

1月26日が木曜日となりますので、1月27日の金曜日を有給休暇にすれば10連休にすることもできそうですね^^

▼オフショア開発とは?
https://sma-labo.jp/notice/notice-2/offshore-kaihatsu-2022/

テトとは?

さて、”テト”という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
テトとはベトナムのお正月を意味しますが、実はベトナムでは新暦ではなく旧暦で新年をお祝いします。
(そもそも旧暦と新暦の違いですが、旧暦と新暦では1年の数え方が異なり、旧暦は354日、新暦は365日で数える為、1年で11日のずれが応じます。旧暦は約3年ごとに1年を13ヶ月にしてそのずれを調整しているようですよ!)
その為ベトナムのテト(旧暦のお正月)は毎年日付が異なります。ちなみに2022年は2月1日がテトでした。

毎年おおよそ1月中旬~2月中旬の間がテト休暇となりますが、1月1日=お正月(元旦)の日本人にとっては馴染みのない文化ではないでしょうか。

テト休暇はベトナム人にとって年間を通じて最も重要な、大切にしている祝祭日です。
もし職場でベトナムの方と一緒に働いているという方は、この期間は休むという前提で業務を調整することをお勧め致します!

テトの過ごし方

テト休暇の過ごし方ですが、テト休暇は年に一度の長期休暇となる為、日本のお正月と同様、田舎へ帰り家族とゆっくり過ごしたり、旅行へでかけたりして過ごすようです。

テトの定番料理はバインチュン

お正月には 日本のおせち料理とも通じる、お正月料理のバインチュン=Bánh trưng(南部ではバインテト=Bánh tét)と呼ばれるもち米を使った縁起の良い伝統ケーキ(ちまき)を家族みんなで作り、食べるのが定番のようです。

こちらは弊社スマラボメンバーのご実家でバインチュンを調理している様子をカメラにおさめてもらいました☆なんと8時間かけて蒸すようですよ!愛情たっぷりの伝統料理、一度食べてみたいですね^^

テトは玄関に花を飾る

続いて玄関前にはお花を飾るのが伝統のようです。(日本では門松やしめ縄が飾られますよね!)様々な縁起の良い花が飾られますが、代表的なものは梅や菊、桃の花です。北部ではピンク色の桃の花、南部では黄色の梅の花が飾られます。
テト間近になると全国各地で花市場が開催され、たくさんの綺麗な花が並ぶことからテトの風物詩の一つになっているようですよ。

ベトナムのお正月の花

ベトナムでは大人にもお年玉がもらえることも!

ベトナムは日本同様、”大人から子供に”お年玉をあげる文化があります。さらにベトナムでは日本ではあまりない”大人がお年玉をもらう”こともあるのです!
実はベトナムでは勤めている企業や会社の社長のポケットマネーからお年玉をあげる文化があります。お年玉袋に現金を入れ手渡しで日頃の感謝を込めてお渡しすることが多いようです!

ベトナムに進出している企業様はスタッフからお年玉を求められ驚かれることもあるかもしれませんが、ぜひ予算に組み込んで頂き、1年の感謝を伝える機会に活用頂けると社員のモチベーションアップにも繋がるのではないでしょうか^^

人気記事>>オフショア開発で、今ベトナムを選ぶべき7つの理由

ベトナムオフショア開発ならスマラボ

ここまでお読み頂きありがとうございます。
弊社は顧客満足度にこだわるIDSが提供するベトナムオフショア開発サービススマラボです^^

弊社スマラボのオフショア開発サービスは
25年以上日本で培ったシステム開発の経験を基に、
プロセス構築~AWSやデザインまでトータルサービスを提供しております。

・まずはオフショア開発について話を聞いてみたい
・実績のあるオフショア開発企業を選びたい
・日本と変わらない安心・納得のオフショア開発を活用したい

など、少しでも当てはまる方はぜひお気軽にお問合せ下さいませ♪

人気記事>>オフショア開発で、今ベトナムを選ぶべき7つの理由

関連記事>>オフショア開発とは?自社に合うオフショア開発会社の選び方も紹介♪

\ベトナムオフショア開発なら【スマラボ】へお気軽にご相談ください