こんにちは。

日本企業に特化したベトナムオフショア開発サービスを提供するスマラボです。

オフショア開発の国を選定する上で

「どこの国を選択するべきか迷っており、各国の特徴が知りたい」

「日本国内のエンジニアと各国のエンジニアのコストはどのくらい違うのか」

このような疑問やご不安をお持ちの方が多くいらっしゃるかと思います。

本記事では、『オフショア開発白書2021年版』を参考にした、オフショア開発先の各国の特徴を解説していきます。

オフショア開発白書とは?

各国の特徴をお話しする前に、今回参考にしている『オフショア開発白書』についてお話しておきます。

『オフショア開発白書』は株式会社Resorsが提供する「オフショア開発.com(オフショア開発ドットコム)」が毎年発行しているオフショア開発の白書です。

毎年、「オフショア開発.com」にいただいているオフショア開発(ITアウトソース)に関する相談をもとに「オフショア開発白書」を作成しています。 前年の傾向と、今後の予測をたて、総括したものとなっております。 また、併せて、海外現地のオフショア開発企業(開発委託先)を対象に実施した様々なアンケート結果をまとめ、オフショア開発の最新事情をまとめました。 今後の海外へのアウトソーシングの検討や、開発委託先選定、開発コスト削減などに、こちらの資料をご活用ください。
出展元:最新情報を徹底解説!『オフショア開発白書(2021年版)』をリリースしました。

多数のオフショア開発企業のアンケートを基に作成されている為、信頼性も高いです。こちらを参考に、各国の特徴をまとめていきます。

今回は中国、インド、ベトナム、フィリピン、タイの5つの国をピックアップして、比較していきます。

オフショア開発先国別の人月単価(職種別)

まずは、各国の職種別人月単価を一覧にまとめました。

人月単価プログラマーシニアエンジニアブリッジSEPM
中国42万円52万円74万円91万円
インド33万円48万円55万円77万円
ベトナム37万円43万円49万円63万円
フィリピン34万円48万円67万円74万円
タイ35万円47万円56万円75万円

続いて各国の特徴をまとめていきます。

オフショア開発先 国別の特徴

【中国】

2009年のリーマンショック前までは、オフショア先と言えば、中国(とインド)が主流でした。中国と言えば日本の隣国で距離も近く時差が1時間、同じ漢字文化を共有していて、日本語を話せる人も多いです。人口も多く、IT技術者の数も多くエンジニアのスキルも高いです。AI、IoT、ブロックチェーンなど最新技術への造詣が深いので、最新技術に関連したプロジェクトのオフショア先としては相応しいかもしれません。

一方、近年では人月単価が上昇しており、オフショア先としてはコストが見合わなくなってきています。コスト削減を目的にオフショアする場合は、今後さらにコストメリットが小さくなる可能性があります。

【インド】

インドは主にアメリカのオフショア先としてその地位を確立しました。インドには英語が堪能なエンジニアが多く、また欧米でのオフショア開発の歴史が長く、オフショア開発の実績は豊富で、大型案件の対応が可能です。タフでロジカルな物の考え方をする人が多いです。一方、英語を流暢に話せるので、日本語習得のモチベーションは低く、日本語対応できるBrseが少ないです。そのため、コミュニケーション手段は大抵、英語になります。さらに、中国同様エンジニア単価が上昇しているため、コストメリットが以前よりも小さくなっています。

【ベトナム】

日本人同様、勤勉な国民性です。国をあげてIT技術者の育成及び日本語習得に取り組んでいるという大きな特徴があります。親日家で日本語を話せるエンジニアが多いのも特徴です。中国やインドと比べると人月単価も低く、コストメリットも出しやすいです。一方、中国に比べてオフショア開発の歴史が浅いことから日本向けの開発経験が浅く、日本のビジネスや商習慣を学ぶ必要があります。

【フィリピン】

公用語が英語で、開発・コミュニケーションの言語はほとんど英語を用いている為、グローバル向けシステムなどに向いています。東南アジアの中でも大学進学率が比較的高いことを背景に、低賃金で優秀な人材の確保をすることが期待出来ます。人月単価は比較的安く、日系オフショア企業も多数進出しています。

一方、日本向けオフショア開発経験が浅くて、大型案件や複雑な案件実績が乏しいことから、下流工程がメインとなります。また、フィリピン人の「家族ファースト思考」の理解も重要となり、仕事は家族の次になるため、プロジェクトを進める上で家族イベントに配慮が必要です。

【タイ】

日系企業が5000社以上と東南アジアでは突出して多く、親日家で大人しく日本人と相性が良いと言われています。タイではプログラマーやエンジニアよりもデザイナーの育成が進んでおり、HP制作やソーシャルゲームのイラスト制作などに強いです。一方、ソフトウェア開発や組み込み系開発などには向いておらず、また日本同様、少子高齢化が進んでおり、スキルのあるIT人材は確保が難しくなっており、人月単価も上昇傾向です。

オフショア開発先 国別ランキング

オフショア開発先の人気国ランキングは、ここ数年ベトナムが圧倒的な一番人気となっていますが、本年度も変わらず「指定なし」を除けば、実に50%以上の企業が、オフショア開発先としてベトナムを希望していることがわかります。ただ、「指定なし」が昨年の55%から65%に増加し、 徐々にベトナム一極集中から、中長期的視点からのポストベトナムを探る動きが拡大していることが伺えます。もちろん、指定なしの中でも、検討の結果ベトナムが選ばれる可能性は高く、依然として新規オフショア開発案件はベトナムを中心に発注されている状況です。
出展元:『オフショア開発白書(2021年版)』 オフショア開発ドットコム

オフショア開発先の人気国ランキング1位のベトナムの特徴

ベトナムの特徴を改めてお伝えします。ベトナムでは日本での就労やベトナム国内の日系企業への就労を目指して、日本語を学ぶ人が増えてきています。(ベトナムは親日国ですが、日本企業や日本製品の評判が良いことも影響しています)

また、日本の総務省統計局が発表した「令和2年国勢調査」の人口等基本集計結果によると、日本に住むベトナム人人口は2015年比3.7倍、2005年比15.3倍の32万0805人で、日本の外国人人口の13.4%を占めているようです。

出典元:ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]

更にベトナム政府による小学3年生からの日本語教育の導入され、2019年日本語能力試験(JLPT)の受験者は、91,432人で東南アジア1位となり、ベトナムから日本への留学生数は世界で2位、東南アジアで1位となっています。

また、ベトナム政府の方針としてICT先進国を目指しています。そのため、ベトナムICT人材市場は現在最も注目されている市場でおり、2025年迄に110万人のIT技術者を育成する目標が定められています。

若くて優秀な日本語の話せるベトナム人エンジニアがこれからも益々増えてくるということが予想されます!

>>ベトナムオフショアのメリットについてはこちらもご覧ください

ベトナムオフショア開発ならスマラボへ

ここまでお読みいただきありがとうございました。弊社は日本企業に特化したベトナムオフショア開発サービスを提供するスマラボです!

オフショア開発に関する、お悩みやご質問がございましたら、お気軽にスマラボへご連絡くださいませ

>>スマラボサービスサイトへ移動

その他、最新情報はtwitter及びコラムで発信していきますのでぜひこちらもご覧ください♪