オフショア開発は、日本のIT人材不足を解決する手段です。
日本国内では数年前からDXの推進・内製化などの取り組みが推進され、IT人材不足は益々深刻な課題となっており、
そこで日本のIT人材不足の解決策として今、注目されているのが「オフショア開発」です!
本記事ではオフショア開発を検討中の方へ向けて、オフショア開発の意味やメリットから最新動向までお伝えしていきます。

目次

オフショア開発とは簡単に

オフショア開発の意味は、オフショアを英語表記すると”offshore”となり 「離れて」という意味の「off」と「岸」を意味する「shore」が組み合わさった言葉で、本来は「そこから離れること」という意味を持ちます。ビジネスで使用される場合は、「自分の国から離れた地域」を表し、「海外」という意味で使用されます。物価や人件費の安い地域に業務の一部を移し、コスト削減を目的とします。「オフショア開発」の他に「オフショア投資」「オフショア生産」「オフショアセンター」 などがよくビジネスで使われます。

つまり、オフショア開発とは、情報システムやソフトウェアのシステム開発業務を海外の事業者や子会社に委託・発注することです。

日本のエンジニア不足が深刻化しているなかで、オフショア開発先となる国は日本と比較して人件費が安く、労働人口が多いことからエンジニア人材も豊富です。コスト削減、また人材不足を解決できるとして、現在多くの国内企業から注目を集めています。

委託先の国はベトナムや中国を始め、インドやフィリピン、ミャンマーなどが多く活用されています

オフショア開発の活用目的とは?

オフショア開発は、日本企業においては1990年代ごろから取り組み始めたと言われており、 国内より賃金が安い海外のエンジニアを活用することで人件費を抑える「コスト削減」の手段の1つとして活用されてきました。
近年では日本国内のITリソース確保がより一層厳しくなっていることから「IT人材のリソース確保」や「高い技術力」を求めてオフショア開発を活用する企業が増えています。

オフショア開発を検討した理由・目的の比較表
 出典:『オフショア開発白書(2022年版)』(オフショア開発. com)

上記の図はオフショア開発. comが196社に実施した「オフショア開発を検討した理由・目的」アンケート結果です

「コスト削減」がトップの回答ではあるものの、「国内のリソースが不足していたため」という回答とほぼ変わらない結果になっています。また3つ目には「グローバル戦略の一貫」の回答が多くなっており、オフショア開発は成長戦略の一つの手段として活用されていることも分かります。

オフショア開発が注目される理由とは?(2022年版)

コロナ禍で一気に進んだ日本企業のDX推進によるエンジニア不足を背景に、オフショア開発はますます需要が高まっています。2022年の今、オフショア開発が注目されている理由についてお伝えします。

日本国内のIT人材が不足している

日本国内は慢性的なIT人材不足となっています。
情報化とグローバル化が急速に進展する現代において、それに伴ったソフトウェア開発者など多くのIT人材を必要としております。
経済産業省によるIT人材不足の将来推計によると2030年には約41万以上のIT人材が不足すると予想されており、 日本のIT人材不足は深刻です。
IT開発リソースの確保が急務の課題となっており、 日本国内だけではその需要増に供給が追いつかないことからオフショア開発を導入する企業が年々増加しています。

コロナ禍の影響 (DX推進と、リモートの一般化)

コロナ禍をきっかけに、業務のデジタル化やDXに取り組む企業が増えました。
もともと慢性的にエンジニア不足だったのに加え、各社がIT投資を積極的に行った結果、 IT人材不足に拍車が掛かりました。IT人材の需要が増えたことにより派遣(SES)を活用してもなかなか自社に合う人材の提案がないという事態も起こっています。
「IT人材の確保」だけでなく、「オフショア開発を活用した内製化」を実現するためにもオフショア開発を活用する企業が増えています。

また、リモートでの働き方やZoomなどを活用したWeb会議がここ数年で一般化したことにより、これまでは現地に行かないと出来ないと考えられていたオフショア開発チームとのチームビルディングも、Web画面上で実施することに対して漠然とした不安を感じなくなり、オフショア開発に対するハードルが下がったとも言えます。

オフショア開発の成熟期及びダイバーシティの浸透

オフショア開発は1980年代頃中国で始まったと言われており、その後インド、東南アジア、東欧、アフリカなど世界中の人件費が安い国で盛んに行われています。
オフショア開発はその長い歴史の中で成功失敗や経験、知見を積み今に至ります。例えば新卒で採用したITエンジニアの育成が1-2年で出来るわけではないのと同じように、オフショア開発も寄せ集めのチーム、あるいは、プログラムが出来るだけでうまくいくわけではありません。

会社としての成熟度、マネージメントの成熟度、少し前の基礎技術の理解、大学などでの教育体制の確保、社会的責任に対する国民の理解、様々な条件が時間を経て成熟し、今に至っています。
オフショア開発国の教育が進んだことによりオフショア先国の技術力は今や日本国内のエンジニアと相違ありません。
かつてオフショア開発で失敗したという方々も、今ならば、という声も上がっています。

さらに、ダイバーシティが浸透したことにより、大企業だけでなく、中小企業やスタートアップ企業も最新技術を身に着けた若くて優秀なエンジニアの確保にオフショア開発の活用を取り入れています。

オフショア開発の最新動向

オフショア開発が注目される理由でも少しお話ししましたが、オフショア開発市場においてもコロナ過を機にイノベーションが起こっています。

これまでは「オフショア開発=コスト削減」というイメージが根強くありましたが、DX推進などの影響により「コスト削減」から「ITリソースの確保」の手段としてオフショア開発を選択する企業が増えています。

また、以前は大企業やSIerが大きな投資を行いオフショア開発(海外)を活用することが多かったですが、2022年現在はエンドユーザーや 非IT企業 もオフショア開発を積極的に活用しています。

さらに、リソースを提供するオフショア開発会社側にも変化が起こっています。例えばベトナムには日系企業のオフショア開発会社が多くあり、各企業が「差別化」を図るために自社の強みを強化しています。
これにより「リソースの提供」のみならず「特化した独自サービス」を提供することができ、オフショア開発会社の選び方にも幅が広がっています。

オフショア開発で人気の国は!?

現在オフショア開発で人気の国は中国、ベトナム、インド、ミャンマーの4ヶ国が挙げられます。

IT大国として優秀な技術者の多いインド、オフショア開発の長い歴史がある中国は、依然として大きな需要がありますが、近年、オフショア開発先として人気を集めているのはベトナムです。
ベトナムが人気の理由としては、インド・中国に比べて人件費が安いこと、親日で真面目な国民性などが日本と相性がよいと言われています。 また、ベトナムは国策としてエンジニアを増やしている為、日本では確保しにくい優秀なエンジニアがベトナムでは確保しやすいという事情もあります。日本語ができる人が多いというのもベトナムの特徴です。これらのポイントがベトナムオフショア開発が人気となっている理由です。

中国はもともと日本企業のオフショア開発委託先として非常に人気のある国でした。しかし、2012年ころには中国国内で大規模な反日デモなども行われるなど政治的なリスクも発生し、また、賃金レベルもかなり上昇したことから、オフショア開発先国として別の国での検討が進むようになったと言われています。

上記以外にもフィリピン、タイ、インドネシア、バングラディッシュなどがオフショア開発先国としてあげられます。ミャンマーは近年の政治クーデターもあり、安定的な体制確保問観点では難しさが残っています。また、英語での対応が可能なインドネシアはオフショア開発の人気が高まっている国のひとつであり、今後の動向が注目されています。

オフショア開発のメリット

オフショア開発を活用するメリットは大きく下記4つが挙げられます

  • コスト削減ができる
  • IT人材を必要なタイミングで確保できる
  • 案件に合う技術力の高い人材を確保できる
  • 自社専用の開発チーム

コスト削減ができる

オフショア開発の大きなメリットの一つは、コストが削減できることです。
日本と比較してエンジニアの人件費が安い国へ開発業務を委託することで、人件費を削減することができます。

例えば、ベトナムの人件費は日本の1/2~1/3程度と言われています。 同じスキルのエンジニアを雇用するのに、オフショア開発を活用することで、人件費を削減することができます。システム開発費用の大半を占めるのが人件費で全体の8割を占めるとも言われているので、人件費を抑えることができればプロジェクトの営業利益を向上させることに繋がります。

IT人材を必要なタイミングで確保できる

オフショア開発を活用することでIT人材を必要なタイミングで確保することができます。
日本国内においてIT人材の有効求人倍率は8~10倍となっており、エンジニア採用に苦戦する企業は多く、人材確保競争も激化の一途を辿っています。エンジニアが採用できず、プロジェクトがなかなか開始できないということもあるでしょう。

一方、オフショア開発が盛んなアジア各国では若くて優秀なエンジニアが豊富で、転職も盛んなことも理由に、ITエンジニアが転職市場に溢れています。ベトナムやバングラディッシュをはじめとしたオフショア開発国ではエンジニアが豊富でリソースが確保しやすく、さらに情報通信分野やデジタル分野での企業が増加しており、国策としてエンジニア教育に力を入れていることから、今後も若くて優秀なエンジニアが増えていくことが予想されます。

日本国内では時間が掛かってしまうエンジニアの採用がオフショア開発を活用することで、プロジェクトに合うスキルや技術を持つ優秀なエンジニアを必要なタイミングで確保することができます。

案件に合う技術力の高い人材を確保できる

オフショア開発を活用することで、案件に合う技術力の高い人材を確保することができます。
例えば、オフショア開発で人気のベトナムのエンジニア人件費は日本と比較すると安いですが、エンジニア職はベトナム現地の他の職種と比較すると給与水準が高く、また長く勤められる職種であることから、IT企業への入社を希望する若者が年々増えており、人気の高い職種です。
それに伴い、大学でITを学ぶ生徒も増えており、大学3年生になるとインターンシップとして企業で開発の経験を積み、技術力を身に着けます。卒業する頃には1人前のエンジニアとして活躍できるようになっています。

オフショア開発先国のエンジニアは最新の技術を身についており、また年齢も若い為、呑み込みが早く事業理解や技術力の向上も見込めます。時には提案をしてくれることもあるでしょう。技術力の高く、また人件費も抑えられた若いエンジニアを確保できることは日本企業にとってとても魅力的ではないでしょうか。

自社専用の開発チームが作れる

オフショア開発ではラボ契約(準委任契約)を締結することでプロジェクトに必要なスキルを持つエンジニアによって編成された自社専用の開発チームを作ることができます。ラボ契約は契約期間内であれば自由に開発を行うことができ、仕様変更なども柔軟に対応できます。詳細な仕様が定まっておらず、開発しながら決めていきたいプロジェクトなどにとても向いています。

また、開発チームメンバーを固定することができるため、サービスやシステムのノウハウやナレッジ蓄積することができ、生産性と品質が安定した開発を行うことができるのもラボ契約の特徴の一つです。

オフショア開発を活用することによって自社の開発チームのように自由な指示出しができる専用の開発チームを作ることができます。

オフショア開発のデメリット

オフショア開発では、言語の壁・文化の壁・時差・物理的距離などの要因から下記のようなデメリットが発生する可能性があります。

  • コミュニケーションコストが高くなる
  • 求めている品質レベルとの乖離が生じる
  • 時差などの影響によるスケジュール遅延
  • ビジネス習慣の違いなどを理解する必要がある
  • コストメリットが出せない可能性がある

コミュニケーションコストが高くなる

オフショア開発では海外のリソースを活用するため、コミュニケーションコストが高くなることがあります。
文化の違いや物理的な距離の影響もあり日本人同士であれば伝わることがオフショア開発の場合はクライアントとオフショア開発拠点スタッフの間で認識のズレが発生してしまうこともあります。
認識のズレを起こさないためにも丁寧なコミュニケーションが必要となり、結果としてコミュニケーションコストが高くなってしまう可能性があります。

求めている品質レベルとの乖離が生じる

オフショア開発では求めている品質レベルとの乖離が生じる可能性があります。日本の製造分野で得られたプロダクトの品質保証や、長年に渡る数多くのITトラブルから蓄積された品質保証の考え方は、世界最高峰の “ジャパンクオリティー” を築き上げてきました。
しかしオフショア開発においては、日本独自の商習慣や品質に関するノウハウや技法を知らないことや”良い品質”の基準が異なること、また上記でお伝えしたコミュニケーションによる認識のズレなどから、日本では当たり前品質を期待していたものが、オフショア開発では求めている品質レベルとの乖離が生じる可能性があります。

時差などの影響によるスケジュール遅延

オフショア開発では時差などの影響によりスケジュールが遅延してしまうことがあります。
日本とオフショア開発国との時差や祝日が異なることから、仕様変更やトラブルの発生時などすぐに確認を行いたい場合に時間を要してしまう場合があります。(日本においては時差の少ない東南アジアのオフショア開発が人気の理由の一つです。)

また、文化的・地理的な隔たりによる進捗管理の難しさや認識のズレにより何度も修正が発生してしまうなど、結果としてスケジュールが間に合わないということが起こる可能性があります。

ビジネス習慣の違いなどを理解する必要がある

オフショア開発を行う上でオフショア開発先国のビジネス習慣や文化の違いを理解することはとても重要です。国が違えばビジネスの習慣が異なります。

例えば日本では納期を間に合わせるため残業や休日出勤を行うことがありますが、国によっては家族との時間を優先したい為、残業に対して消極的な文化もあります。
また、報連相の違いや委託元と委託先の関係から評価を気にしてしまうなど、問題が発生した場合に自分たちだけで解決してしまうといったこともあります。オフショア開発先国のビジネス習慣に寄り添いながら進めていく必要があります。

コストメリットが出せない可能性がある

【開発コストの削減】を行う為に、オフショア開発の活用を選択したにも関わらず、コスト削減ができないこともあります。

オフショア開発の場合、開発エンジニア以外にコミュニケーションサポートを行うブリッジSEやクオリティーを上げるためのQCなどの役割のメンバーが必要となります。
日本人開発エンジニア1人~2人月で対応できるような小規模プロジェクトなどは日本人開発エンジニアの1人当たりの人件費とオフショア開発チームのトータル人数の金額は大幅に変わりません。コミュニケーションコストなどを考えると結果としてオフショア開発を活用してもコストメリットが出せない可能性もあります。

オフショア開発を失敗に終わらせないためには?

オフショア開発を失敗に終わらせない為には下記のポイントに気を付ける必要があります。

  • オフショア開発に合う案件を選択する
  • PJ開始前にクライアントとオフショア開発先の双方の理解を深める
  • コミュニケーションの方法を工夫する
  • 早期に品質のチェックを行う

それぞれ詳しく見て行きましょう。

オフショア開発に合う案件を選択する

オフショア開発には向き、不向きの案件があります。オフショア開発に向いている案件化どうか確認してみましょう。

オフショア開発に向いている案件

  • 単発で終わるのではなく、半年以上継続するような5~10人月程度の案件
  • 業界特有の(理解に時間を要する)複雑な業務ロジックを含まない案件
  • 独立性の高い案件
  • JavaやPHP、Webサービスなどの今の技術を使用する案件

特殊な技術を必要とする案件では、マッチングする人がなかなか見つからないということもあります。オフショア開発会社の開発実績などを確認することもおすすめします。

PJ開始前にクライアントとオフショア開発先の双方の理解を深める

オフショア開発ではPJを開始する前に日本側とオフショア開発拠点側のメンバー全員の理解を深め共通の認識を持つことがとても重要です。

PJ開始前に日本側が求める品質や納期をオフショア開発拠点のスタッフに理解・納得してもらった上で開発をスタートできれば彼らのモチベーションや後の品質が良い方向に進むことに繋がります。PJ開始前にはキックオフを行いましょう。

また、キックオフの前にはオフショア開発先国の文化や国民性をインターネットで検索するなど、文化やビジネス習慣の違いを理解して寄り添うことで信頼関係を構築することに繋がります。もし可能であれば日本人プロジェクトメンバーが1人でもオフショア開発拠点現地へ行き、対面にてキックオフをすることをおすすめします。

コミュニケーションの方法を工夫する

オフショア開発を失敗させてないためにはコミュニケーションの方法を工夫することも大切です。
オフショア開発を進めるうえで、進捗報告やレビューなどプロジェクトの様々な場面でオフショア開発拠点のメンバーとコミュニケーションを取る機会があるかと思いますが、コミュニケーションの方法を工夫することで認識のズレの回避やコミュニケーションコストを削減できることに繋がります。

【オフショア開発におけるコミュニケーションの工夫のポイント】

  • 翻訳が必要な資料は短文・完結・箇条書き・粒度をそろえた日本語にして書くようにする
  • 用語集を作成する(日本語、英語、現地で並列表記する)
  • 報連相の方法を明確にしておく(いつ、誰が、どのように)
  • 進捗報告は定型フォーマットを活用し、記載内容の属人化を防ぐ
  • 議事録担当者を決め、会議毎に記録を取り共有する(言った言わないを防ぐ)
  • 丁寧な日本語を使いすぎず、指示を明確にする
  • 相手が理解したか、確認を行う(「大丈夫です」ではなく、具体的に説明してもらう)
  • クライアント側とBSEは時間を決めて日々、進捗確認を行う(15分-30分程度でも毎日やる)

また、オフショア開発拠点とのコミュニケーションは雑談も交えたコミュニケーションも取ることが大切です。日頃からクライアント側が雑談も含めたコミュニケーションを積極的にかわすことで、相談しやすい環境を作ることができます。

早期に品質のチェックを行う

オフショア開発に限らずではありますが、品質管理で重要なことは異常や違和感を早期に発見して、早い段階で修正を行うことです。オフショア開発においてはより強化して頂きたいポイントになります。開発スタート時は特に短い期間で品質の確認を行い、品質が良くない場合には、スキル不足によるものなのか、仕様の理解不足によるものなのか、原因探り、解決策を検討しましょう。

まとめ

オフショア開発とは日本のエンジニア不足を解消するための開発手法です。今後より一層日本国内のエンジニア不足が進むと予測されており、日本企業がエンジニア人材を確保するためにはオフショア活用が必要不可欠です。オフショア開発を活用する上で、自社に合うオフショア開発会社を選択する (技術力、人数体制、事業内容がマッチするなど) ことがとても重要です。コロナも落ち着きを見せ海外出張も可能となってきましたので、オフショア開発をスタートする前には、ぜひオフショア開発先国の現地に赴き、開発環境や現地スタッフを会話を行い納得した上でオフショア開発をスタートすることをお勧めします。

>>関連記事:オフショア開発会社の選び方
>>関連記事:ベトナムオフショア開発の7つのメリットとは?

ベトナムオフショア開発ならスマラボ

ここまでお読み頂きありがとうございます。
弊社は顧客満足度にこだわるIDSが提供するベトナムオフショア開発サービススマラボです^^

弊社スマラボのオフショア開発サービスは
25年以上日本で培ったシステム開発の経験を基に、
プロセス構築~AWSやデザインまでトータルサービスを提供しております。

・まずはオフショア開発について話を聞いてみたい
・実績のあるオフショア開発企業を選びたい
・日本と変わらない安心・納得のオフショア開発を活用したい

など、少しでも当てはまる方はぜひお気軽にお問合せ下さいませ♪

人気記事>>オフショア開発で、今ベトナムを選ぶべき7つの理由

関連記事>>オフショア開発とは?自社に合うオフショア開発会社の選び方も紹介♪

\ベトナムオフショア開発なら【スマラボ】へお気軽にご相談ください