こんにちは!日本企業に特化したベトナムオフショア開発サービスを提供するスマラボです

2022年6月28日現在、新型コロナウィルス感染者数が落ち着きつつあるベトナムでは、海外からの観光客の受け入れを再開しております。
そこで、弊社スマラボでは『ベトナムオフショア開発視察ツアーinホーチミン』を2022年8月25日-26日に開催することが決定致しました^^/

ベトナムオフショア開発視察ツアー 2022年8月25日-8月26日
~ベトナムオフショア開発のリアルを肌で感じる2日間~
初めてのベトナムでも安心-日本人サポート付き-

コロナ禍に伴うDXの推進を背景に、国内でのエンジニア採用調達が益々厳しくなっています「リソース不足」と「開発コスト高騰」の課題を解決すべく、海外のエンジニアリソースの関心がより一層高まる中、オフショア開発委託先として特に注目されているのがベトナムです。

本視察ツアーでは、ベトナムオフショア開発を検討する上で
「現地スタッフのスキルや開発現場を直接確認し、ベトナムオフショア開発について理解を深めた上でオフショア活用をスタートしたい」
「ベトナムオフショア開発に興味はあるものの、海外のエンジニアリソースを活用することに漠然とした不安がある」
「コロナ前にも一度オフショア開発を検討していたが、今のタイミングで再検討したい」
といったお悩みをお持ちの方へ向けて、実際にベトナム現地に足を運んで頂くことで

  • ベトナムの経済情報や人材情報を深く知る
  • 複数のオフショア開発会社を訪問しその違いを知ることで、自社に合ったオフショア開発会社を見つける
  • オフショア開発に必要な準備や実作業の開発プロセスを知ることで、オフショア開発のリスクをできるだけ取り除く方法を知る
  • 実際にベトナム人BrSEとコミュニケーションを図ることで、実プロジェクト進行の具体的なイメージを持つ

など、オフショア開発をスタートする前に確認して置きたいポイントを実際に肌で感じることができる合同視察ツアーを企画いたしました。

今回は8月25日(木)~26日(金)の2日間でのご案内を予定しておりますが、貴社のニーズに合わせたスケジュールや訪問企業先などアレンジが可能となっております。ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

モデルスケジュールの確認やお申し込みはこちらの専用ページより行って頂けます。
視察ツアーサイト:https://sma-labo.jp/vietnam-tour/

皆様からのご相談を心よりお待ちしております!


関連記事:【2022年版】ベトナムの最新情報とコロナ後のベトナムオフショア開発動向について