ダイレクト依頼型(基本体制)

一定期間において一定の要員を常に確保し、お客様専属の開発チームをベトナムに用意します。
管理の負担は大きいがコストメリットは一番出せる体制。
仕様が固まっており、オフショア経験が豊富な方向け。

遠隔

お客様側のプロジェクトマネージャーと、弊社のベトナム人ブリッジSEが遠隔で打ち合わせをしながら作業指示や進捗管理などのマネジメントを行う方式です。

メリットデメリットニーズ
・コストが安価
・長期的にノウハウを蓄積できる
・人員調達のスピードが速い
・貴社PMを立てる必要がある
・短期案件には向かない。
・遠隔により細かな進捗を確認しずらい
・オフショア経験がある
・仕様書が明確
・中長期案件
・コンスタントに案件を受注している

駐在・出張

お客様側のプロジェクトマネージャーが、ベトナムに常駐して作業指示や進捗管理などのマネジメントを行う方式です。

メリットデメリットニーズ
・コストが安価
・長期的にノウハウを蓄積できる
・人員調達のスピードが速い
・直接指示が出せ、立ち上げがスムーズ
・次世代PM候補者の育成として有力
・貴社PMを立てる必要がある
・短期案件には向かない。
・ビザ、住環境など準備にコストと
 時間がかかる
・オフショア経験がある
・仕様書が明確
・中長期案件
・コンスタントに案件を受注している

オンサイト常駐型

ベトナム人ブリッジSEが日本のお客様先で常駐する体制。
「社内システムを使用しなければならない」など、特定の場所(貴社内)でしか作業ができない場合に向いています。

メリットデメリットニーズ
・直接指示、進捗管理ができる。
 100%コントロールが可能
・エンジニア滞在時の初期費用が
 発生する
・コストが高くなる
・社内の開発プロセスをより深く
 身に着けてほしい
・立ち上げが安定するまで直接指示を
 出したい

プロジェクト支援型

日本側で上流部分は請け負い、ベトナム側のラボをコントロールする体制。プロジェクトに関するお客様からの指示は日本のプロジェクトマネージャーが対応します。

※プロジェクト開始時は日本側+ベトナムでスタートし、段階的にベトナムのみの体制に移行することも可能です。

メリットデメリットニーズ
・品質の担保ができる
・請負に近い感覚で依頼できる
・通常のラボよりコストがかかる・貴社担当のITリテラシ―に不安がある
・難易度の高い開発プロジェクトのとき
・オフショア開発スタートのとき
・上流工程も依頼したい

スマラボなら、
お客様にとって最適なタイミングで、
最適な体制をご提案いたします。