ベトナム料理といえば「フォー」が有名ですが、他にも美味しい料理がたくさんあるのをご存じでしたか。

ベトナム料理は、中国文化や植民地統治時代のフランス文化などの影響を受けており、日本人には馴染みやすい味でさらに色鮮やかで見た目も美しい料理が多いです。野菜が多く使われている為、女性やヘルシーな食事がお好みの方にもぜひおすすめしたい料理です。

「パクチーが苦手」という方でも、パクチーが使われていない料理もありますし、お店によってはパクチーが別添えをお願いできます。(私自身パクチーが苦手でしたが、ベトナム料理に入っているパクチーは意外と食べられました!※個人差があります)

本記事ではぜひ食べてほしいベトナム料理と、東京都内にあるおすすめのベトナム料理店をご紹介します^^

ぜひ、食べてほしいベトナム料理

1.定番のサラダ

まずは定番のサラダをご紹介。
こちらのサラダはパリパリせんべいの上にサラダを乗せて「パチパチ」と音が鳴るのを楽しみながら頂く料理です。そのまま手づかみで食べてOKです!

2.バインセオ

バインセオは日本で「ベトナム風お好み焼き」とも言われていますが、お好み焼きというよりは、炒め野菜がたっぷり入ったクレープや薄焼き卵のオムレツに近いです。
葉物野菜がついてくるので、葉物野菜に生地や具を包んでたれをつけて頂きます。

日本に住むベトナム人におすすめなベトナム料理を聞くと「バインセオ」と答える方も多く、ベトナムで人気の料理です。
ちなみに黄色の生地は卵の黄身ではなくターメリックで色づけされているようですよ!

お店によって生地、中身の野菜、たれが異なるので、いろんなお店で試してほしいです!
(私は大きめにカットされた野菜と海鮮が入ったバインセオがお気に入りです。)

3.生春巻き

ベトナム料理の生春巻きはシャキシャキした生野菜や蒸したエビ、ブンと呼ばれる米粉の細麺などの具材がもちもち感のある皮で巻いてあり、たれに付けて頂きます。たれはチリソースやナンプラーベースなどお店によって様々です。自分の好みのたれを見つけるのもベトナム料理の楽しみ方の一つです。

4.揚げ春巻き

生春巻きもおいしいですが、揚げ春巻きもおすすめです。
春巻きの皮(ライスペーパー)は米粉が使われた網目状の皮ですので、さくっと軽い仕上がりで中華料理の揚げ春巻きとはまた少し違った味わいです。

5.フォー

フォーは米粉で作られた平打ち麺とあっさりスープにネギや肉(鳥、牛)などの具材を入れて食べるベトナム料理です。スープがあっさりしているので、食事をしたあと最後にフォーで締めたくなるような一品です。ベトナムでは朝食でもフォーをたべるそうですよ!

6.バインミー

バインミーはフランスパンに似たパンに酢漬けされた野菜やパテがサンドされた料理です。パンは歯切れのよいパンが使われており、サンドされた酢漬けの野菜はシャキシャキと触感もよく、夏は暑くて食欲がないという方でも気軽にたべれてさらに元気をもらえるようなベトナム料理です。
テイウアウトで販売しているお店も多いので、ベトナム料理店で食事後バインミーのみお持ち帰りするのもいいですね!(筆者はいつもお持ち帰りします…笑)

【東京都内で食べられるベトナム料理のお店もご紹介】

さて、ここまでお読み頂き、「ベトナム料理を食べてみたい!」と思ったかも多いのではないでしょうか。
ここからは都内のベトナム料理屋さんをご紹介します♪

港区: ベトナム フロッグ 汐留店

ベトナム フロッグ 汐留店(VIETNAM FROG)
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター B1F
   JR新橋駅汐留口徒歩3分
お店のURL:https://vietnam-frog.co/
(席数が80席あるので、大人数で行っても安心です)

渋谷区: ベトナム料理 ホァングン 渋谷文化村通り店

ベトナム料理 ホァングン 渋谷文化村通り店
住所:東京都 渋谷区 道玄坂 2-25-10 ベニー清建ビル 6F
   JR山手線他【渋谷駅】徒歩6分
(大門にもお店があるようです)

大田区:THI THI (ティティ)

THI THI(ティティ)
住所:東京都 大田区 蒲田 5-26-6B1
   蒲田駅東口から徒歩約4分
(平日は火-金 17:00~23:00が営業時間となりますのでランチ利用はご注意ください)

墨田区:サイゴンマジェスティック

サイゴンマジェスティック
住所:東京都 墨田区 錦糸 3-3-9 イースト錦糸町ビル 4F
   錦糸町駅から136m
(味はもちろん盛り付けにもこだわっているお店です。錦糸町にお越しの際はぜひ立ち寄って頂きたいお店です♪)


以上、都内で食べられるベトナム料理店を(少しだけ)ご紹介させて頂きました!
ここまでお読みいただきありがとうございました。

コロナも落ち着きベトナムへの観光もできるようになりましたので
ぜひ、本場のベトナム料理も味わって頂きたいです^^

よかったらベトナムに関するほかのコラムも覗いてみてください^^

>>ベトナムオフショア開発とは?