こんにちは。
ベトナムオフショア開発サービス”スマラボ”を提供する株式会社アイディーエスのWebマーケ担当です。

テト(ベトナム旧正月)に向けたイベント設営準備などが例年通りに進む中、例年通りではない2021年ならではの事態も起こっています。

皆様ご存じの通り、今年は新型コロナウイルスの猛威に全世界が戦々恐々としています。

ホーチミン市工業団地・輸出加工区のフイン・バン・トゥアン労働組合長いわく、新型コロナウイルスや自然災害の影響により、ホーチミン市内の企業で働く工場労働者の約70%にあたる約19万3000人余りが、今年はテト(旧正月)に帰省せず、ホーチミン市内で新年を迎える見通しだそうです。

毎年、約50%の工場労働者がホーチミン市に残ってテトを迎えますが、今年は例年と比べて+20%増加することになりそうだということです。

帰省しない工場労働者の多くは北部や中部の出身者です。トゥアン労働組合長によると、2020年に多くの工場労働者が新型コロナウイルスの影響で休職を余儀なくされ、一時帰省していたことや、中部で豪雨・台風が多発し甚大な被害が発生したことにより、テト期間中も勤務して収入を増やしたいと考える人が多いのだと言います。

労働組合は、テトの工場労働者向け支援プログラムに、約1030億VND(約4億7000万円)を投じる見込みです。この支援費用は、工場労働者に贈るギフトセットや現金、バス・列車・飛行機のチケットに充てる方針です。また、帰省せずにホーチミン市内でテトを迎える工場労働者向けに、新年を祝う芸術プログラムや郷土料理のバインチュン作り、お年玉などの各種イベントも行いたいとしています。

ホーチミン市工業団地・輸出加工区管理委員会によると、新型コロナウイルスの影響を受け、ホーチミン市内の企業1560社の労働者数は、1万4921人減少し、27万6698人となっており、今年のテト賞与は、最高額が5億6600万VND(約256万円)、最低額は440万VND(約2万円)、平均額は850万VND(約3万8500円)となっているそうです。

人気の記事