こんにちは。
ベトナムオフショア開発サービス”スマラボ”を提供する株式会社アイディーエスのWebマーケ担当です。 

今や聞かない日はないくらい注目キーワードとなった「DX」。
昨今のコロナの影響で、IT企業のみならず、どの業界のビジネスシーンでも、もはや軽視できないものになりました。
DXとは何なのか、やるとどんな良いことがあるのか、ざっくりまとめてみました。

DXとは?

DXとは「デジタルトランスフォーメーション」の略称です。英語表記では「Digital Transformation」ですが、「Trans」を「X」と表記することが多いため「DX」と略されます。意味は「デジタルによる変革」で、デジタル技術によって、人々の生活をよりよいものに変革することを意味しています。

実は企業がDX推進しやすいように、国から助成金や補助金が出ているので、ご紹介します。是非こちらもチェックしてみてください^^
https://sma-labo.jp/notice/notice-2/column14/

DXを導入するメリット

「DX!DX!」というからには、当然取り組むべきメリットがあります。ここでは代表的なメリットをご紹介します。

レガシーシステムからの脱却とシステムのリスク回避

DX実現は、従来のレガシーシステムから脱却し、時代に即したシステム環境を構築するための基盤を整えることと同義と言っても過言ではありません。
こうしたレガシーシステムから脱却できれば、古い技術を扱える人材が少なくなることで、システムがブラックボックス化するなどの問題を事前に回避することができます。

ちなみに弊社「スマラボ」では、IT人材のご提供を行っています。

▼スマラボについて
https://sma-labo.jp/service/
▼そもそもオフショア開発とは?
https://sma-labo.jp/aboutoffshore/

収益逓増による利益率の拡大

収益逓増(しゅうえきていぞう)とは、スタンフォード大学ブライアン・アーサー教授が提唱した法則です。たとえば生産規模が2倍になった企業では、生産効率性が向上し、生産量は2倍以上に増加します。生産規模を拡大するとそれ以上の生産効率性が手に入れられるため、利益率の拡大が図れるというわけです。そして、収益逓増を実現するポイントは「デジタル化しているか否か」と言われています。従って、DXへ取り組むことで収益逓増を実現し、大きな利益を手にすることができる可能性があります。

消費行動の変化に対応したビジネス変革

新型コロナの流行中でも増益した企業はあり、日経新聞などでは、DXに取り組んでいたかが明暗を分けたと報道されたほどでした。
単純に扱う商材がウィズコロナの生活様式と相性が良かった企業以外も、増益を果たしている企業はあります。
具体的には、ニトリや日本マクドナルドは、ネット販売システム強化で、コロナ禍に最高益を更新しています。また、ウォルト・ディズニーやウォルマート社もネット販売や動画配信事業で、本来メインだった集客を補っています。

今後もこうした世界的な消費行動変化への対応が必要になることは容易に予測されますので、ぜひ今のうちから取り組んでいただきたいと思います。

以上です。
スマラボでは、システム開発やIT推進に関わる記事を随時ご紹介しますので、是非ブックマーク等でご活用いただけたらと思います。