コロナの影響でリモートワークがスタンダートになり、WEB会議等のハードルが下がったことから、以前よりオフショア開発を活用する企業様が増えているようです。 実際に弊社もコロナ前に比べてオフショア開発に関するお問い合わせを多く頂いております!(ありがとうございます^^)

オフショア開発が人気を集める中で、さらにどこの国がオフショア開発先として人気を集めているのか参考データがありましたので今日はぜひご紹介したいと思います。

出典:オフショア開発.com /オフショア開発Q&A  2021年最新のオフショア開発の現状・動向は?(最終閲覧日2021年10月28日)

参考サイトによると直近ではベトナムが一番人気の委託先のようです^^

なぜベトナムがオフショア先として人気を集めるのか、弊社サイト内にもベトナムオフショア開発のメリットを載せておりますが、今回は”弊社のベトナムメンバーと実際に仕事をしてみて感じたベトナムオフショアが人気の理由”3点をお伝えさせて頂きます

① 勤勉で親日の国民性

歴史的背景やアニメの影響などからベトナム人は親日家の方が多いようです!        (弊社のベトナムメンバーは本当に優しいメンバーばかりです^^)

日本語を学ぶベトナム人も年々増え続けているようで弊社にも日本語が話せるベトナムメンバーが多数在籍しております。またメンバー同士で日本語を教え合ったりなど意欲的に日本語を学ぶメンバーが多い印象です!

②IT人材が豊富である

ベトナムでは政府や教育機関の支援や取り組みなどから毎年多くのエンジニアが輩出されています。また 総人口に占める生産年齢人口 (15歳~64歳の人口) が増え続け、平均年齢30.9歳、IT従事者35万人となっており、今後も若くて優秀なIT人材が増えることが予想されます。(日本大きく違うポイントです)

またスキルアップやキャリアアップにも積極的で弊社のメンバーも常に新しい技術の勉強に取り組んでいます。 最近はAWSを学ぶメンバーが増えて来ています!

③時差が+2時間であること

日本とベトナムは時差が2時間です。

例えばベトナム時間の就業時刻が9:00-18:00の場合                    日本では11:00-20:00にあたります。

弊社は日本側が10-18時の就業時間となっておりますので、朝のうちに業務整理をして、11時なったらベトナムメンバーとMTGなどを開始しています。

また、ベトナム人は家族との時間を大切にするので残業はしない文化でありますが、日本の18時がベトナムの16時にあたるので、日本側で多少残業が発生してもベトナム側は就業時間内の為、すぐに連絡を取ることができ、ストレスなく業務遂行することができております。

以上、人気の理由3点をお伝えさせて頂きました。

今後も皆様へ ベトナムオフショア開発 のリアルな情報をお伝えしていきたいと思いますのでお時間ありましたら別のコラムも覗いてみてくださいね^^

まずはご相談からでも構いませんので、オフショアをご検討されている企業様はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ