東京でのコロナはすっかり収まったようにも見えますね。この後第6波がくるのは心配ですが、一旦はかつての生活が少しだけ戻ってきました。

ベトナムの方はどうかというと、、、実は今年の7月まではほとんどコロナ陽性者が発生していない珍しい国でした。しかし、日本同様に夏に急激に拡大し、一時は一日15,000人近くの感染者者がでるなど、相当厳しい状況になっていました。政府は、ロックダウンなど日本よりも相当厳しい対応をとり、そのおかげか、9月の下旬頃から落ち着き始め、今は日本同様に感染者数が急激に下がってきています。また、ロックダウンもある程度解除され、日常的な外出や外での飲食ができるようになりました。

 ワクチン接種についても進んできています。接種開始は先進国からは遅れましたが、8月くらいからは接種が進み、現時点では人口の40%強にあたる4,000万人程度が1回目の接種を終えています。

このような状況でもあり、ベトナムにもようやく日常が戻ってきているようです。

ちなみに当社では、ベトナムオフィスにおいても社員の健康管理を最優先とし、現段階では全社員がリモートワークで働いています。とは言え、WebMTGが当たり前になった世の中ですし、かつてはオフショアラボにおいても距離を感じていたのが、WebMTGができればラボで業務を進めることに何の違和感がなくなった、というのが率直なところです。

WebMTGが当たり前になった今こそがラボサービスの始め時なのかもしれません。ベトナムに自由にいけるようになるのはまだもう少し先だと思いますが、その時を楽しみにもう少し待ちましょう!